モロッコのお土産アルガンオイルで手作り石鹸作りました☆

この年末年始に両親がモロッコへ旅行に行ってきたようです。
年老いても世界中を旅出来るエネルギッシュさと行動力には驚きます( ̄▽ ̄;)

書類整理と契約書の作成に追われて目が充血気味の私の元へこんな素敵なモロッコの写真を送ってくれました☆

モロッコのシャウエン☆おとぎ話に出てくるようなブルーの街並み

モロッコのシャウエンのブルーの街並み

エーゲ海を思わせる目の覚めるようなブルーの街並み☆
モロッコ北部にあるシャウエンという美しいブルーの街だそうです。

それからモスクを思わせる中東のエキゾチックなタイルの異国情緒溢れるお家の写真。

モロッコの民家の玄関

どちらもドキッとするほど美しい写真で、しばらく時間を忘れて眺めてしまいました♥

その後、連続で送られてきた父と母がラクダに乗った写真で現実世界に引き戻されて、私の脳内トリップは終わりました。。。

美しい砂漠とラクダと全くマッチしてない・・・
にもかかわらず、満面の笑顔でした( ̄▽ ̄;)

お土産はモロッコでしか取れない貴重なアルガンオイル

無事に帰国した両親からモロッコのお土産をもらいました。

アルガンオイルとバーベナウォーター☆
それから写真は撮っていませんが、エミレーツ航空のアメニティ?←なぜこれがお土産なのかよく分かりません。。。あと、羊の革で出来たバブーシュというペタンコのスリッパでした☆

モロッコの特産品で最も有名な、モロッコの宝石やモロッコの黄金とも呼ばれているアルガンオイル。

世界でもモロッコ南西部にしか育たないアルガンの木の実の種から作られたイルのことですが、モロッコでは法律で厳しくその採取法が取り決められていて、人が木に登ってアルガンの実を採ることは禁じられていて、人は落ちた実のみを採取する事ができるそうです。。

そこで活躍するのが。。。ヤギ。
アルガンの木に登って実を食べるヤギが吐き出した種を拾って圧搾し、オイルを作るのが伝統的なアルガンオイルの作り方だそうです。

こ、これは・・・( ̄▽ ̄;)
アルガンの木というよりヤギの木っぽくないですかΣ( ̄□ ̄|||)

一粒からわずか3%しか取れない貴重なオイルだそうです♥

アルガンオイルの美容成分・効能については私よりずっと詳細にご紹介されている方がたくさんいらっしゃるのでここでは簡単に・・・

美肌ビタミンと呼ばれるビタミンE(トコフェロール)や肌のハリや弾力を高めるリノール酸、リノレン酸がオリーブオイルの7倍以上も含まれているそうです。

でもねでもね・・・
貴重なアルガンオイルだというのは分かりますが、お土産にもらったのは1リットルのアルガンオイル×2本。

。。。って、ちょっと多くないですか????
使いきれるわけないですよね( ̄▽ ̄;)

どんだけ私が顔と体に塗りたくっても多すぎでしょ。。。

しかも母ときたら

「ゴルちゃん、アフガンオイルお友達にもあげてね」

って言ってましたが、アフガンオイルじゃなくてアルガンオイルですね。。。
何か危険なオイルに変わってますよね。

ただ、お友達におすそ分けって言っても、容器に詰め替えてもなんかびみょ~~。

そこで良いことを思いつきました!!

アルガンオイルを50%配合した贅沢な石けん手作り開始

この贅沢なアルガンオイルを使って石鹸を作るのです!!!

少し調べたのですが、アルガンオイル配合の石鹸は市場にも出回っています。
但し、アルガンオイルの配合率がかなり少な目。。。
当然、ビジネスなのでコスト削減や経費削減は必須なのですが、大抵オリーブオイルを含むパーム油などが多く配合されていて、アルガンオイルの配合割合は20%位が最高でした。

しかし!私には母がモロッコで買ってきてくれたこの大量のアルガンオイルを消費しなければならない使命があります!

そこでなんと贅沢にも!
アルガンオイルの配合を大幅にアップして50%で石鹸を作ることにしました☆

パーム油や石鹸素地は使わずにオリーブオイルとアルガンオイルだけ♥
これを非加熱製法で美容成分やビタミンを壊さないコールドプロセス製法で作ることにしました♥

コールドプロセス製法は、1ヶ月程度石鹸を熟成させる時間が必要なので大量生産や販売には向かないのですが、熱を一切加えないので美容成分や潤い成分が熟成期間にたっぷり生まれる贅沢な美容石鹸です。

そして私には石鹸が出来上がるのを気長に待つ時間もたっぷりあります( ´艸`)

早速、石けん作り開始。
助手は計算が得意で配合比を間違えないヤスちゃんで☆

こちらは苛性ソーダ、オリーブオイル、アルガンオイル、すべての材料を1つにしたところです。初めはこんな感じでアルガンオイルの黄色さがすごく残っていて、まだサラサラしています。

手作り石けんの材料を混ぜ合わせた所

これを泡だて器で角が立つ位の状態にまで鹸化させていくのですが。。。
つまり混ぜるのですが・・・お菓子作りでいうと泡だて器でクリーム状にぽってりなる位とにかく混ぜて混ぜて混ぜまくります!

だがしかーし!!
混ぜても混ぜても全然ダメ。。。
一向に角が立つ気配がありません(´;ω;`)

腕がちぎれるかと思うくらい交替で混ぜまくったのですが全然ダメ。
諦めそうになったのですが。。。

手作り石けんが固まらない。。。そんな時は、鹸化の秘密兵器!

途中で手動では無理だと思い、ミキサーを使うことに!

素晴らしい(≧∇≦)
ミキサーのおかげでこんな感じでもったりとしてきました♥
(多分、本当はハンドミキサーがあった方が断然良かったんだと思います。。。)

角が立って鹸化したオイル

かれこれ1時間?2時間?以上も格闘したので、白っぽくもったりとしてきた時には感動しました。。。

これをマミーか牛乳パックに入れて24時間保温するのですが、私は小さめの発泡スチロールの箱に入れ、私のお気に入りの湯たんぽを石鹸に貸してあげることにしました♥

良い石鹸に育ってほしいな☆

また上手く出来上がりましたらご紹介させていただきますね♥

 

◆石けんは無事固まった。。。のか!?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。