新しいビジネス☆

新しいビジネス

実は今年のお盆明けから新規ビジネスを展開しようと計画中です。

貿易とOEM、PBを組み合わせて中国や東南アジアへ展開する予定なのですが、新しいことを始めるのは久々なのでとてもワクワクする反面、少し緊張しています。。。

新規事業を始める時はいつもワクワクドキドキなのですが、起業した15年前のフレッシュな気持ちを思い出しながら取り組んでいます!

商品の内容やデザイン、ロゴ、パッケージを決めていくのはもちろんですが、国によっては商標登録が通関する上で必須ですので、日本の商標だけでなく相手先の国でも自社のブランドやロゴの商標登録をしておかないといけません。

最近は会議や打ち合わせなどで多くの人に会う機会が増えました☆

もともと私はお話下手で会社に引きこもりたい派なので、お仕事であってもこうやって多くの人に出会えるのは嬉しいことです(≧∇≦)

こちらは先日ヤスちゃんとずーずと3人で打ち合わせを兼ねて食事した時の一場面です☆

アンドワイ新商品の打合せ

他社のパッケージや商品をじっくり見るのですが、食事をしたばかりだというのに最後は試食会になりそうでした・・・

なかなか新しいブランド名が決まらなくて・・・まだまだ序盤の段階なのですが、これが意外にも色々と合わせて考えないといけないことが多く、かなり苦戦しました( ̄▽ ̄;)

日本語表記でもアルファベットでも中国語(漢字表記)でも意味が通じる名前で、あと!商標を各国で取得できることが必須です。

日本での商標は造語であればあまり問題ないのですが、中国商標は既に申請・登録されている数がものすごく多くて、ちょっと捻ったブランド名や図形商標(ロゴ)ではすでに中国企業や他の外国企業に商標が取得されていることが多いです。。。

100個以上考えましたがボツボツの連続で気絶しそうになりました( ̄▽ ̄;)

新ブランドのロゴやパッケージデザインなどなどは、デザイン会社にコンセプトを伝えてデザインをお願いしているのですが、なかなか自分たちの考えているコンセプトやイメージしているデザイン、ロゴ、パッケージなどの好みをデザイン会社に上手く伝えられずに苦戦しています。

こういうデザインの発想って、プロより実は素人の方の方がセンスあったりしませんか??

伝え方、表現力が乏しい私は絶賛苦戦中です。。。

ロゴが決まらなければ図形商標が登録できないんです。。。

 

こんな感じで相変わらずデザインのロゴマークで苦戦していた私に、先日素晴らしい転機が訪れました!!

私の友人の1人がとってもオシャレな女性で法律事務所を独立・開業している堅いお仕事の女性なのですが、お洋服やお化粧品などハイセンスで流行にも敏感ですごくすごーくオシャレなのです。

先日、新規法人の打ち合わせの仕事で久々にランチした時に彼女がキラキラと目を輝かせながら資料を取り出したので、何かと思えば私のブランドのロゴマークをデザインしてくれていました・・・(´;ω;`)

そういえば彼女の事務所の名刺やデザインもすごくオシャレだなぁ、、、と思ったことがあります。

洗練されていて法律事務所っぽくないのに、一目で何をしているか分かる訴求力のあるデザインなのです。

 

私はビジネスの仕組みや流れ商流や取引について緻密に考えたり商品の品質や性能を追求するのは大好きですが、ロゴというか図形のデザインはさっぱり閃きませんでした。

挙句、図形デザインが煮詰まりすぎて、夢で巨大な三角と四角のブロックに押しつぶされる恐怖の夢を見ました( ̄▽ ̄;)

頭がパンクしそうな私に、とっても素敵な救世主が現れてくれてなんとか前に進めそうなので、この週末は久々ゆっくりしようと思います。

 

大好きなイチジクのパフェも食べ納めです。夏が終わったら秋が来てあっという間に冬になって秋が終わりそうです。。。

イチジクのパフェ

そして、海外展開をしていく中でとっても役立つ相棒をゲットしました☆

こちらのポケトーク、CMでもやっているそうですが物凄く賢いんですよ!!!

74ヶ国語も対応していて、東南アジアだけでなくユーロ圏からアフリカ大陸まで・・・。

中国語だけでも香港、北京、広東語と対応していて、英語もアメリカ、イギリス、オーストラリア、ハワイと細かいんです(≧∇≦)

アメリカ英語とオーストラリア英語って微妙に違いましたよね。。。これを使い分けられるポケトーク、凄くないですか??

しかも翻訳スピードが従来品とは比べ物にならないくらい速いんです。AIって本当に優秀なんですね。

例えば私がこんな風に日本語で話すと・・・

ポケトーク

一瞬で、ほんと一瞬で英語にしてくれます☆

次回の出張からは絶対同行して欲しい心強いポケトークです♥

また新しいビジネスが立ち上げ完了したら、2007年から続けさせて頂いているこのブログでご報告させてください☆

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。