• HOME
  • BLOG
  • スイーツ
  • 初めてのアイシングクッキーの注意点とコツ☆stay homeでアイシングクッキーとマーブルパウンドケーキのお菓子作りに挑戦

初めてのアイシングクッキーの注意点とコツ☆stay homeでアイシングクッキーとマーブルパウンドケーキのお菓子作りに挑戦

4月から5月のGW明けまで新型コロナウィルスの影響であまり出歩かなくなり、お店も閉まって外食も人と会う機会も減ってzoomやサイボウズでの商談が多くなりました。

お休みの日は自宅で過ごすことが多くなり本を読んだりアマゾンを見たり過ごしていたのですが、お気に入りのケーキ屋さんも閉まってしまい(´;ω;`)
時間を持て余していたので焼き菓子作りに挑戦してみました。
普段全く興味がないことを始めてしまうのも自粛の影響でしょうか(;’∀’)

元々のきっかけはSNSで流れてくるクッキーの画像を見て。。。
最近SNSではクッキー作りやオリジナルのクッキーを華やかな詰め合わせにしてクッキー缶を作るのが流行っているようです☆
どれもとっても可愛いんです(*´ω`*)

早速挑戦することに。お菓子どころかお料理もド素人なのですが見た目が可愛いアイシングクッキーに挑戦することにしました。

アイシングクッキーとはクッキーの上に粉糖で色とりどりに可愛くデコレーションされていて、企業のオープニングパーティーや結婚式などのイベントギフトとしていただいたことがある方も多いと思います。

とっても可愛くて売り物だと思っていたのですがお家で作られてる方も多いので驚きました。

基本のクッキーはバニラ・ココア・抹茶の3フレーバーで

1回作るのも2回、3回作るのも同じなので大量に作ることにした無計画な私は3種類の生地を焼くことにしました。

バニラとココアと抹茶のクッキー生地

見て下さい。巨大なミッキーマウス饅頭のようです。
生地をコネコネしながら、これって焼きすぎかな。。。という焦りが湧いてきましたが(;´Д`)
何とか生地を丸めて冷蔵庫で休ませます。

その間にアマゾンプライムで検察側の証人という暗い映画を見ました。

それから、生地を均一に伸ばして型抜きをしていきます。

バニラのクッキー生地の型抜き

まずはバニラから。バニラとココアと抹茶を2:1:1で作ったのでバニラが最も量が多いのです。

ここで気付いたのですが、一気に大きめの生地を冷蔵庫で寝かせるのではなく、少量づつラップで小分けにする方が生地を伸ばして型抜きする時にバターが溶けにくく綺麗に抜けるということを学びました(遅
均一に伸ばして手早く抜くのですが大量の生地だと扱いにくくもたもたしていると生地がダレてきます(´;ω;`)

ココアと抹茶は半分の量なのでだんだん効率アップして生地の扱いに慣れてきました。

ココアのクッキー生地の型抜き

ココアも抹茶も少し濃いめにすると焼き上がり時に濃厚な風味で、美味しく仕上がると思い濃い目に生地を作りました。
クマとハートと星型なのですが断然ハート型が綺麗に型抜きできます。

抹茶のクッキー生地の型抜き

やっぱりシンプルな形の方が綺麗に抜けるのですがクマや星型を抜くときはゆっくり持ち上げて上から竹串で軽くツンツンすると綺麗に外れました。
乱暴にするとクマの耳が取れたり星がちぎれて悲惨なことになるので丁寧に細かくしなければなりません(;´Д`)

このあたりでお菓子作りは向いてない性格だと思いました。。。

基本のクッキーで何より大切なのは焼き時間、一時も目が離せない

クッキーの焼き時間はレシピには170度で15分とあったのですが、これだと焼き色が付き過ぎてしまうんです・・・
オーブンから取り出す時間を考えて余熱でも色が付くので4ミリの厚さの生地の場合13分が私のお家のオーブンではベストでした。

しっかり見張ってれば、ベストなタイミングでクッキーに美しく焼き色が付くのですがもう少しかな、もう少しかな、と思うと色が付き過ぎてしまうんです(´;ω;`)
お菓子作りでは「過ぎたるは及ばざるがごとし」でした。

焼きあがってココアはあまり分からないのですが(元々黒いから)、バニラと抹茶は少し焼き色が付き過ぎたので何匹かクマを私が食べて綺麗な子だけ残しました。。。
エリートなクマしかアイシングされないという命の選別をして、私のお腹に入りました(*´ω`*)

でも焼き立てはやっぱり凄く美味しかったです(自画自賛

クマと星とハートの型抜きクッキーが完成しました。

星とクマのクッキー

アイシングクッキーの注意点とコツ。想像してたより2000倍は難しかったです

いよいよ、楽しみにしていたアイシングを始めるのですがお道具がいるのですね(;´Д`)

粉糖に色を付けて上から爪楊枝でチョンチョンってすれば出来ると思ったのですが、アイシングクリームを練るパレットやヘラ、絞り袋などが必要だと動画を見て知りました。

しかし時すでに遅く・・・アイシング練り始めてしまいました。

さらにここが要注意なのですがアイシングするときは同じカラーを2種類、硬めと柔らかめが要るんです!!!というのは、硬めのアイシングクリームでクッキーの縁取りをして柔らかめのアイシングで中を塗り潰すんです。

はぁーーー(;´Д`)知りませんでした。当然上手く出来ず悔しい。。。クマや星は全滅でクマなんてひどいホラーなクマになってしまい、また私のお腹に入っていきました。

作戦を変えてクマと星は諦め一番簡単そうなハート型に再挑戦。竹串でドットを作って縁取りをして中を塗り潰すことに(#^.^#)
これなら絞り袋は不要です。

ハート型クッキーのアイシング

こんな感じで完成しました☆
これならアイシングクリームと竹串だけで完成できます。

クマは絶対無理でした(´;ω;`)

アイシングクッキーはお道具はもちろん必要ですが練習も必要でどちらかと言えばジェルネイルの手技に似てるような気がします。
ジェル又はアイシングをムラなくでも攻めすぎずに均一に塗って、ツルッツルに仕上げてデコレーションしていきます。あ、男性だったらガンプラなどのプラモデルや細かい作業が得意な方は上手そうですね。

いつかクマと星型をアイシング出来るようになりたいな。

人生初のアイシングクッキーはかなり楽しかったのですがどっと疲れました( ̄▽ ̄;)

3色クッキーと同じ材料でマーブルパウンドケーキが出来ます

3色のクッキーを焼くときに同じ材料(バター、卵、薄力粉、粉糖、ココアパウダー、アーモンドプードル、バニラエッセンス)でパウンドケーキも出来ます♡

もしも大失敗した時のリスクヘッジと、私はお菓子をちょこちょこ作るタイプではないので、クッキーやパウンドケーキは結構日持ちするし大量に作って「置きおやつ」する作戦です(*´ω`*)

マーブルパウンドケーキの生地

こうやってココアとプレーンを交互に並べて焼く直前に軽く混ぜます。
かる~~~くです。しっかり混ぜすぎるとマーブルが綺麗に出ないので軽く軽く。
アーモンドスライスをトッピングして焼きます。

焼き上がったマーブルパウンドケーキ

焼き上がり(#^.^#)

マーブルパウンドケーキ

カットしたらこんな感じです(*^-^*)クッキーと同じ材料で作れるので、材料が無駄にならず良かったです。

作るのは時間がかかるのに、食べるのはあっという間過ぎて儚いのがお菓子の醍醐味ですね(*´ω`*)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。