残念なフェミニスト。

私の弟ときたら、すごく女性に優しい

フェミニストなんですあせる

生まれてこの方、私がお菓子を取っても

パンチをしても声を荒げたり、

反撃してきたりというのは

一度もありません。

フェミニストって聞いたら

なんかいい感じなんですが

実際はとても残念なフェミニストです。。。

この前、家族や親せきで

集まりがあったのですが

残念なフェミニストは

いきなり奥さんに

「さ。さ。段差があるから危ないよ!つかまって」

などと言って手を差し出してました。

よ~~~く見たら

その場所に5cmくらいの段差がありました。

あ・ほ・か。

美しく聡明な彼の奥さんは

いつも冷静で落ち着いていますが

眉をしかめて、

「いい。大丈夫だから」

とだけ言いましたガーン

でも、残念なフェミニストは

奥さんだけじゃなく、もちろん私にも

母にも親戚にもみんなに優しいのですが・・・

私が実家の駐車場に車を止めようとしたら

いきなりお家から飛び出してきて

「寒いよ。風邪ひくよ、さ。これ着てっ」

と言って、自分のコートを差出してきました。

あ・ほ・か。

家まで3秒の駐車場で風邪引くかっ。

その後、残念なフェミニストは

私の車を駐車しておいてあげる。

と言うのでキーを預けて家に入りました。。。

その後10分くらいして

弟が真っ青な顔をして私に言いました。

「ご、ごめん。車ちょっと。べ、弁償するから・・・」

( ̄Д ̄;;

私の車のドアが

ギギギ~ってなってたのですダウン

え?、は?

一体全体どうやってあの距離で車こするの??

私の車が・・・。

残念なフェミニストは

現在、医師業を休んで

法科大学院へ通っている学生の身なので

自由に使えるお金が少ないのです。

私は力なく

「・・・いいよ。保険入ってるからしょぼん

と言いました。

このように残念なフェミニストは

ちっとも優しくありません。。。

母がキッチンでリンゴをむいてたら

残念なフェミニストが言いました。

「刃物、気をつけて。危ないからね。

手でも切って、指でも落としたら大変だよっ。」

・・・・(;´Д`)ノ

正直、お料理が得意ではない母は

ぷりぷり怒っていました。。。

しかし、ちっともめげないんですよね。

アホか、と思いましたが。

でもいいところもあって、たぶん。。。

法科大学院へ通ってる

残念なフェミニストは医者と弁護士の

ダブルライセンスを目指してるのですが

私がどうして弁護士になりたいの?

と訊くと

「今の日本をもっとよくしたいから!

患者さんのために役に立ちたいし

法律を勉強したいから!」

などと、どっかの政治家かよガーン

みたいなことを真顔で言ってます。。。

んで、私に向かって逆に訊いてきました。

「たしか、法学部だったよね。そっちはどうして

 法律を勉強しようと思ったの?」

えっとね、それはね。

法律は正義の味方なんかじゃなくて

知ってる人の味方だからだよ。

法を知らなければ足元すくわれるからだよ・・・

本心はそう叫びたかったのですが

真剣な顔で訊いてくるので

さすがに言えない私!(´Д`;)

さあ。どうしてだったけかな。忘れたな。

と言って切り抜けました。

近くのラーメン屋さんへ一緒に行こうとしたら

残念なフェミニストは用意も遅いのですあせる

私なんて部屋着では?

と言うような格好なのに。

奴は丁寧に磨いた靴に

アイロンのかかったシャツ、

ネクタイを結んでジャケットを着て

カシミアのコートを羽織って・・・

あほ~~~遅いよっプンプン

実家から1分のラーメン屋さんへ行くのに

どこへ行くんじゃ~~~。とキレそうでした。

このように残念なフェミニストですが

唯一の財産は奥さんだと思いますラブラブ

私は彼の奥さんが大好き!

キャピキャピした感じの

女の子ではないけれど

物静かで落ち着いた雰囲気で

端正なお顔に優しい口調で、

お話しすると落ち着きますきゃー

ある日。私は思い切って奥さんに訊きました。

ねー。2人はどうやって知り合ったの??

すると。

「学部で出席番号が前後だったから。」

・・・。

ロマンス ワズ アボーーーン ヽ(;´Д`)ノ

一生分の幸運を使い果たした

残念なフェミニストは全くめげず

今日も明日も明後日も

1人で勝手に奮闘してるんでしょうあせる

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/ichiko8132/gold-kiara.jp/public_html/wp-content/themes/be_tcd076/comments.php on line 109