今を生きるって・・・

もうすぐ母の誕生日なんですが、 何をプレゼントしよっかなぁ~ラブラブ

などと考えていると・・・ふと昔のことを思い出しました。

母は私が中学生くらいの時に癌になりました。

また、その癌がかなり悪性で5年の生存率が20%程度という

怖いもので、抗癌剤が効きにくくひどいものでした。。。

母は子宮を全部摘出し、髪も薄くなって当時の私は母は

もうすぐ死んでしまうんじゃないか・・・。

それが一番の恐怖でした。

さらにホルモンバランスが崩れたのか母は怒りっぽくなって

(まぁ、今となってはもとからだったんですが・・・ガーン

家族みんなも暗い気持ちで毎日を過ごしていたと思います。

そんなある日、母の治療が自宅療養に変わり数か月後のことです。

私が学校から帰ると、母がスーツケースを引っ張り出して

荷造りをしていました。。。

驚いた私に向かって母が言いました。

母 「ゴルちゃん!

私、国境なき医師団に入ったから!!!

   行くわね!」

と言うのです・・・

はぁ???

( ̄□ ̄;) 

私は母がついに頭がおかしくなったんだと思いました。。。

母は医師をしていますが癌になって勤務先を退職しました。

母はよく

「私は大学病院に残りたかったの!

でも、お父さんと結婚したら追い出されて・・・」などと

人のせーにして、わけのわからないことを言っていましたガーン

私は内心、病気なんだから今こそ病院に残ればいいのに・・・

とか近所でバザーをやっているから参加したらいいのに・・・

などと思い、教えてあげたらキレられました。

なぜ???ガーン

覚えてらっしゃる方も多いと思うのですが、

当時世界情勢は不安定で、湾岸戦争の真ただ中だったんです。

そのボランティアの医師団に参加したんです。

私も父も兄弟も誰も本気にしていませんでしたが

母はそれから2週間後にスーツケースに聴診器や薬

パスポートを持って本当に東京から他の方々と

出国してしまいましたガーン

私は内心、ドン引き。。。

それから1ヵ月~2ヶ月で父は心配のあまり

見る見る老けていきました。。。

白髪が増え、ほくろから生えていた毛まで

白髪に・・・(  ゚ ▽ ゚ 😉

無事に帰ってきた母は現地での色々な話をしてくれました。

油田が燃えていた事。

毎日死と隣り合わせで生きるという事。

あれから5年経ち、10年経ち、15年経ち・・・

長い月日が経ちましたが、母は元気です得意げ

基本的に仕事が大好きならしく、今も働き者です☆

あれから2度ほど再発し、その都度手術をしました。

1度目の再発の時は・・・ショックだったようですが

2度目の時母は言いました。

「家に虫が一匹いるからって、

家中にバルサン焚けないでしょ?

癌もおなじで、癌かも・・・ってだけで

体中切開できないのよ~

上手く付き合っていくしかないの!!

癌も私の一部なんだから。あはっ。」


って言っていました。。。(  ゚ ▽ ゚ 😉

もうすぐ母の誕生日、私と生き方も考え方も趣味や好み

全く似ていない私の母。。。

私はまだ若いつもりなので(つもりですよ・・・)

ブランド物も大好きラブラブ!

でも、母はへんちくりんな民芸品?

やしの木の葉っぱで作ったガラクタや

ワケのわからない農民風の

帽子など変わったものが大好きあせる

何をあげようか・・・迷っています。

今を生きる。って誰もが当たり前に

今を生きているんですが、生きる事が危うくなった時に

人は今を本気で生きるのかなぁ。。。

と考えてしまいました。

1クリックをお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/ichiko8132/gold-kiara.jp/public_html/wp-content/themes/be_tcd076/comments.php on line 109